カスタムModelをタイムラインに表示するuserメソッドが返すModelは、ユーザの名前やアイコンを表示するために、幾つかのインターフェイスを要求します。その基準を満たしていない場合、タイムラインに表示することはできません。

このセクションでは、実際にカスタムModelをタイムラインに表示しているRSSプラグインを参考にして、その方法を解説します。

以下のコードは、RSSプラグインのSiteクラスです。

module Plugin::RSS
  class Site < Retriever::Model
    include Retriever::Model::UserMixin

    field.string :name, required: true
    field.string :description
    field.string :link
    field.time   :created
    field.string :profile_image_url
    field.string :feed_url

    def idname
      link
    end

    def perma_link
      link
    end

    def modified
      created
    end
  end
end

Retriever::Model::UserMixin

やはりいくつか要求されるメソッドがありますが、カスタムModelをタイムラインに表示すると同じように、モジュールをincludeするだけで大抵のインターフェイスが備わります。

こちらにincludeするのは、Retriever::Model::UserMixinです。

実装すべきメソッド

以下のメソッドは、必ず実装してください。

icon

説明

アイコン画像です。Twitterでいうところの、ユーザのアイコンです。

この画像が、タイムライン上にアイコンとして表示されます。

戻り値

name

説明

名前です。Twitterでいうところの、ユーザの名前です。

Twitterのスクリーンネームと名前はよく混同されますが、スクリーンネームは「@」から始まるもので、一般的には「ID」と呼ばれているものです。一方、名前は日本語を使えます。

このフィールドは「名前」の部分に表示されるテキストです。

戻り値

参考